配当金の報告(日本株編)

運用関係
スポンサーリンク

こんにちは。バツイチバフェットです。

投資を始めて9ヵ月経ちました。

現在、高配当株への投資を行い少しずつ配当金を増やしています。

本日は、2021年3月1日時点での受取予定の配当金についてお話します。

僕の投資戦略については、過去の記事をご覧ください。

資産運用や投資を始めるためにやること
こんにちは。バツイチバフェットです。本日は僕が資産運用を始める際に行ったことを紹介します。目標を設定す...
日本リートのおすすめ銘柄紹介
こんにちは。バツイチバフェットです。2020年6月から株式運用を始めて今日で半年が経ちました。運用状況...
運用状況の報告(2020年11月現在)
こんにちは。バツイチバフェットです。大統領選挙も概ねバイデン氏に決まり、株価の暴騰も落ち着きつつありますね。...
スポンサーリンク

現在の株価の動き

3月1日現在、米国株が低迷し、日本株は少し持ち直しています。

主な指標は下記のとおり

  • 日経225 29,663.50(前日+697.49 +2.41%)
  • TOPIX 1,902.48(前日+37.99 +2.04%)
  • S&P500 3,811.15(前日-18.19 -0.47%)
  • NASDAQ 13,192.34(前日+72.95 +0.56%)

バブル崩壊の声もちらほら聞こえていまして、少し警戒しなきゃと思っています。

日本株の配当金状況について

僕は高配当のリートを中心に投資しています。

リートの場合は配当金ではなく、詳しくは分配金ですが、ここでは配当金と表記しています。

現在のポートフォリオと配当金の状況は下記のとおりです。

銘柄予定配当(年間)
3298
インベスコ・オフィス・Jリート
2,328円
3468
スターアジア不動産投
3,310円
3476
投資法人みらい
5,520円
3493
伊藤忠アドバンスロジ
9,528円
3472
大江戸温泉リート
3,830円
9282
いちごグリーンインフラ
3,817円
5020
ENEOSホールディングス
2,200円
8906
ユナイテッドアーバン投資
4,600円
8968
福岡リート
6,300円
合計41,433円

配当金を主とした投資方法は、株価が下落しても、受け取れる配当金は一定額あることだね。

受取れる配当金は業績に左右されるため、株価とは必ずリンクするものではありません。

バブル崩壊後も持ち続けることで、この配当金は維持できると考えています。

配当利回りは?

現在の配当利回りは4.27%と高配当ではありますが、そこまで高くありません。

昨年の6月から少しずつ買い足しているため、高値で購入しているリートも多い状況です。

高配当株は業績悪化による株価の下落によるものと本来の評価を受けず安値になっている株があり、その二つは大きく異なります。

しっかり見極めることが大切です。

トータルリターンは?

直前まで、含み益が最高額となっていましたが、ここ数日株価の下落で、含み益が減少しているため、現在のトータルリターンは14.15%となっています。

決して油断できる状況ではありませんが、僕の投資戦略も大きく間違っていないと思われますね。

最後に

僕の投資戦略は長期的にはつみたてNISAとiDeCoでS&P500や全世界株投資、中短期的には個別株を行っています。

さらに、日本株は高配当株を重点的に行ってます。

米国株投資は少し状況が動いたときにお話ししますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました